宿題は嫌いです。

宿題は嫌いです。
今では宿題を「出す」立場にありますが、
小中高を通じて「未提出常習犯」としてマークされておりました。


なんか嫌なんですよね。

あの「やらされてる」感が。


で、なんであんなに嫌悪感抜群なのかと考えますと、
なにもしてないのに突然降ってくる「債務」みたいなもんだな、と。



嫌な顔をすると先生に
「これをやらないと将来困るのはお前だ」と脅され、
It’s not your business.
(あんたにはカンケーないだろ)
と内心思い・・
(これを口に出してひどく怒られた記憶が何度もあります・・・)


提出しないと
「お前は約束を守れないダメ人間だ」的なお叱りを受ける。



でも、ちょっと待てよ。


あんたと約束したっけか?


義務だけ押し付けて終わりか?


義務だけを押し付けられるのはなんかおかしいぞ。


ちゃんとやるからなんか楽しいコトちょうだいよ。
じゃなきゃやんねーぞ。



自分の経験も踏まえて、
子どもたちのこんな感覚がわかるので、
「これを5分以内に終わらせたら、チョコレートを一粒あげよう」なんていうと、
さっきまで「こんなの絶対無理」と言ってた人が猛烈なスピードで解き始めます。



ほらやっぱり
YDK(やればできる子)じゃん。



だから宿題も何かで釣った方が
いいと思うのですよ。


今終わらせたら
ゲームを存分にやっていい、とか。


けしからん!と言われそうですが、世の中はそういうふうにまわっています。



大人だって美味しいものを食べたいからシャカリキに仕事をしてるじゃないですか。
子どもだって同じです。



で、生徒の皆さんがこれを読んでるのなら、交換条件を持ちかけましょう。
そして承諾されたら絶対に約束を守ることです。


義務と権利は表裏一体。
これは民主主義の本質ですからね。


「おかしい!」「嫌だ!」と声をあげた皆さんは
次代の民主主義を守る素質があるんじゃないかと。
本気でそう思ってますよ、私は。


逆に、文句も言わず「先生の指示だから」と
なんの疑いもなくやる人の方が私は心配です。



もっともclue zemiに
そういう人は
居そうにもありませんが・・・。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。