横山三国志


小学生の頃、

父から買い与えられたもので

もっとも思い出深く、

役に立ったであろうものが

横山光輝先生によるマンガ「三国志」。

当然、中国の歴史なんて

これっぽっちも知らないけれど、

裏切りや策略など

とんでもなく複雑な人間関係の一方で

主役クラスの張飛が

なんでもないところで死を迎えてしまう

あっけなさがあったり。

普通のマンガとはちょっとちがう展開に、

一回では納得がいかず、

二回、三回と読み返したのでした。

だからもうストーリーは

完璧に頭の中に入ってる。

…と思っていたら。これ。

げぇ!の分析とか。

呉の定義がすごい。

まだまだ足元にも及ばぬので

勉強し直しです。

仕事柄、どんな学生時代を過ごしたのか。

と聞かれるのですが、

マンガはよく読んでおりました。

のび太くんのママのように、

「マンガ=悪」的なお母さんが

多いと思います。

しかし、下手な本を読むより、

マンガのほうが

大事なことを教えてくれるもんです。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。