おすすめ参考書

先日「学びのリデザイン」というテーマで、渋谷のラジオに出演してきました。アクティブラーニングが日本の学校でも取り入れられ、従来の「知識を覚える」という勉強ではなく、「知識を使う」ことを学ぶ時代になりつつあります。clue zemiの行なっている「賑やかな授業」やメディアづくりが、新しい学び方のヒントになるのでは?と出演のお誘いをいただきました。当日の模様はYouTubeにもアップされておりますので、ぜひご覧ください。(YouTubeで「笑顔のデザイン」と検索)


おすすめ参考書




中学生

教科書要点ズバっ!ニューホライズン英単語・英熟語

今月は定期テストがあります。「教科書をしっかり読んでくるように!」なんて学校の先生から言われますが、苦手な人にとっては謎な単語が多すぎて、読もうにも読めない。「わからない単語は辞書をひいて!」と言われても、「そんな根気がありゃ苦労しないよ」という人が多いと思います。私含めて。そんな時、これが傍にあるととても効率的に勉強が進みます。単語を照らし合わせながら、何度も何度も読んでください。それだけで得点は違ってくると思いますよ。勉強する上で大事なのは「ハードルを下げること」だったりします。

(clue zemi代表 永井)




高校生

センターに出る古文単語150 / 吉野敬介

おなじみ、暴走族上がりの超有名講師 吉野先生によるセンター古文単語です。もう20年前の話になりますが、偏差値30だった私の古文がセンターで満点を取れるようになったのはこのお方のおかげです。この本はセンターに出る単語だけに絞って作られています。おそらく学校で渡される単語集には倍くらいの単語が載っていますが、それを必要とするのは私大文系や国公立2次で国語受験する人だけ。今からでも遅くはないので、センターに出る単語に絞って勉強することをオススメします。もちろん文系受験でも古文が苦手って人は、あと2ヶ月これに絞って勉強するのもいいと思いますよ。

(clue zemi代表 永井)


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。