褒めると伸びる


ー勉強が好きって本気ですか?ー

「勉強が好き」なんていった日には

生徒からとっても冷たい視線を感じるのですが

私は勉強が好きです。


東大を始め、難関大学に入る人を

「あいつはもともと頭がいい」

なんて表現しますけれど、

多くの人は

「頭がいいから受かった」

ではなく、

「勉強が面白くて、やってたら受かった」

という感じです。


ー褒められたことがきっかけー

2019年9月発売の

プレジデント Familyから引用しますと、

現役東大生の70%以上が

「勉強が好き」

と答えたそう。


では、どうやったら勉強が好きになれるのか。

「勉強が好き」と答えた東大生の

およそ70%が

「親や先生に褒められたことがきっかけ」

と答えています。


一方で東大生以外の「勉強好き」を含めた場合、

この質問に対する結果は、

「内容が興味深かった」が65%

「親や先生に褒められた」が35%

と、先ほどの結果と大きく異なる。

このデータをみると、

成績を向上(ある意味底なしに)させるには、

大人のアプローチが非常に重要だと考えられます。



ー子どもの話をよく聞くー

では具体的に

どのようなアプローチをすればいいか。


特にすべきことは、

「子どもの話をしっかり聞く」

ことだそう。


話を聞いてもらうことで、

情緒が安定し、自信がもてる。

そうすると、チャレンジ精神が高まり

失敗や挫折に対しても強くなれる、

ということです。


ー「褒める」はコスパがよいー

勉強の内容に興味を持ってもらうのは

素晴らしいことだけれど、

生徒本人に依るところが大きく、

なかなか介入の仕方が難しい。


しかし「褒める」の主体は大人なので、

心がけ次第でいい反応が期待できます。

しかもお金も時間もかからないので

非常に費用対効果のよい方法 かと。

(こういう表現がいいのかどうか)


ーやる気を失わせないー

多くの大人が

「勉強=修行」

という認識をしていて、

子どもに対し厳しいアプローチをしますが

これは逆効果。


特に、

「勉強しなさい!」

は子どものやる気を削ぐだけで。

叱るのではなく、褒める。

子どもの「勉強好き」を

支える環境を作りたいものです。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。