日経新聞の「春秋」


日経新聞1面のコラム「春秋」。

これを書いている方、名前は存ぜぬが

私が言いたいことをビシっと書いてくださる。


あれ?オレ寄稿したっけか?!

なんて錯覚をすることもしばしば。

(大きく出すぎました。すみません)



今日(11/14)の記事なんてまさにそうで。

中学生の荷物って、

なんでバカみたいに重いんだろう。

と不思議に思っていました。



だいたい、資料集なんて家で使わないでしょ。

家で使う分だけ持って帰ればいいじゃないか。

5教科全部なんかできないし。

そう思って、ぺったんこのカバンを

振り回しながら登校しておりました。


ヤンキーではありませんが。


持って帰らないのは

「不真面目」 とか学校は言うけれど、

「不真面目」だからなんなのか。


成績が下がる、と言うならそれはウソ。

本屋さんに行くと分かりますが、

「仕事のデキる人は荷物が少ない!」

という本はあっても、

「仕事のデキる人はカバンがパンパン!」

というのはないでしょ。


今はせっかくiPadがあるんだから、

教科書持っていく必要もない。


「紙じゃなきゃ」 というのは、

ただの精神論。


使いこなせない人の

言い訳だとしか思えません。

だいたいにして、 成人して

「タブレット使えません」 って言ったら

就職も困難になるでしょう、

きっと。


わけのわからん理屈で、

子どもの可能性(と体力)を奪うのは

やめて欲しいものです。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。