きれいごとナシ 辛口勉強論!

先日、東大総長が中高生に向けて

話した記事を読んだのですが、

これがまた素晴らしく。


そうそう!それだよ!と

思わず叫んでしまう内容でした。


私が日々口すっぱく

言っていることと完全一致。


東大総長が言っているんだから、

間違いないでしょ。

という「権威づけ」が

今回の記事の目的。



では、要約です。


受験に直接関係のない学びや体験を大事にすべき。
なぜなら 受験は枠の中での戦いであるが、社会に出れば激しい変化に対応していかなければならない。そのため 近道だけでなく、枠から外れて模索するプロセスが重要。
これは 一見効率が悪くても、学びの定着率が高い。


というものでした。

旅行なんか行ってる場合じゃないですよ、お母さん!

その間にライバルに差をつけられます!

夏期講習を申し込んで、毎日通ってください!

という塾が多く、

そういう塾こそ「信頼できる」と

保護者の皆さまは思いがち。


しかし、そんなこと言う人は

勉強のやり方を知らない人です。

だまされるなかれ。

ですよね、総長?


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。