受験英語のコラム-前置詞【of】


受験英語を教えておりますが、

英語の専門家ではございません。

外国に住んでいたこともありません。

英会話教室にも通ったことがありません。


それでも入試でハイスコアはとれます。

環境を嘆く前に、やり方を工夫する。

clue zemi永井の受験英語コラム。

はじまり、はじまり。



第一回目からしばらくは

「前置詞」について語ります。


単語は覚えなきゃ!って人は多いけど、

前置詞を覚えよう!という人はあまり見かけません。


でもこれ、ちゃんとやるかやらないかで、

英語の勉強時間が倍くらい変わってきます。


例えば熟語も、

前置詞の使い方がわかれば

暗記する分量は半分くらい減るし、

みたことがない表現が登場しても、

前置詞を手がかりに推測できる。


前置詞を覚えるときのコツは、

「これはこれ!、これはこれ!」

とはっきり区別するのではなく、

ざっくりとしたイメージで。


だいたいこんな感じ、と。


では第一回目。of です。

数ある前置詞の中でも最重要人物。

〜の、と覚えている人が多いですが、

それだけでは通用しない場面が多々出てきます。

of の使い方として、以下の4つを覚えてみましょう。



1. 分離のof

cure A of B(AのBを治す) 

→ Aから B(病気)を引き離す


get rid of A (Aを捨てる)

→Aを手元から離す。



2.〜についてのof (aboutと同じ役割)

think of A(Aについて考える)

be sure of A(Aを確信している)



3.材料のof

die of A(Aが原因で死ぬ) 

be made of A(Aでできている)



4.所有、所属のof(おなじみ、〜の がこれ)

friend of mine (私の友達) 

the member of this team(このチームのメンバー)



ofをみかけたら、

どれかな〜と、ちょっと気にしてみてください。

ではまた次回。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。