バカじゃん。

今朝はこれを読んでいます。

まだ3ページ開いただけですが、

オオ!となったので、

ブログに書いてみます。


宇治原さんは、答えがわかっていても、

なんだっけかなぁー、と

わからないフリをするんだとか。


そのほうが番組が盛り上がるし、

考えている時間は

カメラに映れるからだそう。


「わからないフリ」という技は

わたしも多用します。


生徒「ここわかんないんだけどー」

わたし「うーん。おれもわかんね」

生徒「はぁー!?」

そんな問答を繰り返しているうちに、

こいつはダメだ、と席に戻って再考したり、

近くにいた別な生徒が

ササッと解説してくれたり。


「教師」「講師」

と呼ばれる人が陥りがちなのが、

自分の知識量の多さをひけらかすこと。

それが仕事だと思っている人が多い。


が、あくまでもわれわれは、

生徒が自分の頭で考えるための

「道具」であって主役ではないのですね。


知識の量が相手よりも多いのは

当たり前であって、そんなのを自慢しても

相手にメリットはない。


小1の妹に

「九九もわかんねーのかよ!ダセーな!

インイチガイチ、インニガニ!」と、

早口でまくしたてる小5の兄貴みたいな。


ダセーのはお前だぞ、と。


さて、

「おれもわかんね」というと、

「まじ、先生バカじゃん」となりますが、

ニヤニヤしながら「ダヨネー」

と返事するプライドのなさが、

講師業には必要なのだと思います。


あ、もちろん答えはわかってますので

ご安心を。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。