読み解く楽しさ。

東京・上野で開催されている

「怖い絵展」が人気のようです。


先日、日経新聞で

ヒットの理由が分析されおり、

「背景・意味」

を伝えていることがカギだと。


日本の美術教育は、

「絵を素直に感じなさい」

というスタンス。


これに異を唱え、

今回は背景をしっかり説明した。

という制作サイド。


すると受け手は、

絵を読み解く楽しさを得て、

ヒットにつながった。

というお話。


私も小・中学生時代に

学校行事で美術館に

連れて行かれたものだけど、

美術リテラシーゼロなもので、

なんのありがたみも感じず、

かくれんぼばかりをしておりました。


もちろん、担任からは

怒られるのですが、

「ありがたみを感じられないやつはクソだ」

暗にそう言われてる気がして、

「知らねーよ。そんなの。」と

ますます美術嫌いになった記憶があります。


それから年月が過ぎ、

いつの間にか自分が

勉強を教える立場になって思うこと。


一般的な勉強のアプローチも同じで、

「やらないやつはクソ」

「全然キョーミねーし」

「だからお前はクソ」

これで完結してしまっている。


勉強するか否かを生徒の

「自己責任」

と言い切ってしまうのは

間違いだと思うのです。


教える側にも、

彼らが興味を持つように

仕掛けをつくる必要がある。


手がかり(clue)をうまくあげれば、

彼らはニヤニヤしながら脳ミソを

フル回転させ始めます。


「怖い絵展」でも実証されたように、

モノを教えることより、

「読み解く楽しさ」を与えることが

大事だと思うんだけれどなぁ。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。