鷲田清一さん


仙台が世界に誇る

メディアテーク」。

ここの館長は鷲田清一さん。


この方の考え方はおもしろいですよ。

clue zemiの勉強スタンスと

重なる部分がとっても多い。



鷲田さんの

とっても深いお話を発見しました。


これ。

その一文。

あれこれ教えるんじゃなくて、
子どもが自ずと育つ環境を作るのが大人の仕事。

塾としてどうなんだ!

と怒られそうな話ではありますが、

学校、塾にぶら下がりすぎな親が多い。


先生の言うことが絶対。

先生が手厚く合格まで導いてくれる。

そんなスタンスでいくと、

子どもは自分で

何も考えられなくなっちゃう。


本当の勉強っていうのは、

「このオッサンの言っていることは

本当かな?」

という疑いを持って授業を受けること。


気に入らないことがあれば、

「それはおかしい!」

と声をあげることだと思います。


それを授業妨害と捉えるか、

意義のあるものだと捉えるかは

その学校、塾のスタンスで

明確に分かれます。


大半は前者。

保護者が信奉しているのも前者。

clue zemiは後者。


だから生意気な

ガキんちょ(失礼)ばかりで

騒がしいから、

「ろくでもない塾」

なんて言われるんですけどね。


ただ我々は

これが子どもに

与えるべき環境だと

思ってやっています。


この考え方の原点は仙台一高。


ここでは、

先生に食ってかかるのが

日常茶飯事。


気にいらないことがあれば、

(例えば遠足をなくそうとするとか)

全校生徒で先生たちを潰しにかかります。

(もちろん暴力ではないですよ)


つまんない授業があれば、

もう少し改善しろ、と

先生に申し出るし。

先生もそれをしっかり

受け止める度量がある。


そんな場所が

「塾」という世界に

見当たらなかったので、

つくってみたのがclue zemiなのです。


鷲田先生の考え方は

ほんとに一致するんだよなぁ。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。