要はやる気のモンダイ

昨年度の中3。


勉強が大の苦手で、

目も当てられない感じの

点数を叩き出していたのですが、

スポーツが得意でなんとか合格。


そんな彼が久々に連絡をよこし、

定期テストがヤバいので教えて〜、と。


早速、ココスで

ポテトをつまみながら

個別授業スタート。

(私はどこにでも行きまーす)


始めたとたん、

ん? なんか匂いが違う。

ポテトの匂いじゃなくて、

彼の雰囲気。


すごく集中してるし、

質問が的確。


もちろん、学力として急に

伸びるわけじゃないので、

説明は基礎的な部分。


なんだけれども

一回いえばしっかり理解してくれる。


定期テストの範囲は限定的。

やろうと思えば、

学力云々は関係なく、

ハイスコアは

とれるはずなんです。


というわけで、

大事なところを集中講義。


ポテトをつまみながら。


一週間たって、

昨日メールがきました。


すごいでしょ!と。


本当にすごい。

唖然としました。


私の教え方は

依然と変わっていません。

変わったのは彼のやる気。


参考書、講師、

環境を整えても、

けっきょく結果を左右するのは

本人のやる気なんですよね。


私たち講師が

生徒と接することができるのは

ほんの数時間。


家や学校、

友達と、

どう過ごすのか?

ってことが、

どこの塾に通うか?

なんてことより100倍大事です。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。