健全な。

春になると「健全な」という言葉に

よく出くわします。


生徒たちが

学校で配られたプリントを

ちょいと見せてもらうと、

「健全な生活をおくりましょう」

と、やっぱり書いてある。


そして、

その下の注意事項。


不健全の筆頭に

あがっているのが、

「スマホの使用」。


時間を決めて使うこと。

使うときは家の人とよく相談すること。

とどめは、

アプリをたくさん入れている人ほど成績が低い。

まー、

私たちの時代でいうところの

「ゲーセン」や「ファミコン」と同じ扱い。


と、ここで

「健全」の意味を辞書で確認してみると、

・考えかたや行動が偏らず調和していること。

・物事が正常に機能して、しっかりした状態のこと。

とあります。



学校が発する文面からは

「スマホは持たないことが健全である」

という匂いが

プンプン感じられますが、

果たしてそれが本当に「健全」なのでしょうか。



情報化社会、

Eメールのアドレスも持ってないし、送れませんよ。

LINEって何ですか。

写真はプリントして持って来ます。

今、そんなことを言って許されるのは

オジサン、オバサンだけです。

(それもけっこう許されませんけど)


スマホを操る技術がないと

社会生活が機能しない時代に来ています。


社会生活が機能しない・・・

ということは、

スマホを操れない人は

「健全」なのか?ってことです。


学習面においても

スマホをうまく使えば

圧倒的にスピーディかつ

有用な情報が得られます。


例えば社会で

とある国のデータが欲しい。

スマホをいじればあっという間に

ピンポイントかつ新しいデータがゲットできる。


しかし、

「スマホは不健全」を掲げる先生は

図書館に行って事典をめくってこい、と。

仕方なく図書館へ行ってみると、

「いつの発行ですか?」

ってくらい使い込まれた一冊。


時間ばっかりかかって、

古いデータを入手してどうするのか。

せっかく素晴らしい

機械を持ってるんだから、

面白いアプリをどんどん入れて

知識を得ることに使えばいいじゃん、

と私は思います。


全てのものには

いい面と悪い面があります。

特にスマホはそれが極端。


使い方を誤れば

とんでもないことにもなるし、

すごい武器にもなる。


負の側面だけをフォーカスして

規制をかけることだけに躍起にならず、

うまい使い方ってのを

学校のセンセイを始め、

大人が提唱すべきだと思うんです。


そこんところが一番大事じゃん、と。

「健全」という言葉も

時代に応じてアップデートしないとね。


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。