夫婦は同性?別姓?


2015.12.16

歴史的な裁判が最高裁判所において行われました。

民法750条

「夫婦は結婚すれば

どちらかの姓にならなければならない」

という定めは憲法違反ではないか、という争いです。

そもそも日本国憲法は

国の最高法規であるので、

それよりも低いランク

(つまりすべて)の法律、

例えば民法、道路交通法、

学校の校則などが

憲法に反することは許されないわけです。

今回、問題となったのは

・結婚により自分の姓を変えなければならないのは

「人格権」(憲法13条)に違反しないか。

・96%が夫の姓になっているのは

「男女平等」(憲法14条)に違反しないか。

・姓を変えなければいけないということは

「結婚の自由」(憲法24条)に違反しないか。

ということでした。

同姓にすることの不利益として、

・結婚や離婚したことが他人に知られてしまう。

・名前が変わることによる不便。

があげられます。

これは「女性は家庭の中にいるもの」

という考えが当然とされてきた

時代に作られた法律が、

女性の社会進出が著しい現代と

マッチしなくなってきたことから生じてきた問題です。

2015.12.16最高裁は、

『夫婦同姓は社会に定着しており合理性がある。

民法で同姓を義務づけていることは憲法違反ではない。』

と結論づけました(つまり、今まで通り)。

先進国で夫婦同姓を

法律で義務づけているのは日本だけで、

国連からもこの法律の

撤廃要求が繰り返しなされているそうです。

まだまだ男社会であることは

否めない日本ですが、

clue zemiの皆さんが活躍するであろう

20年後、30年後の社会はガラリと変わり、

「昔はヘンな法律があったもんだ」

という認識に変わる可能性は大いにありますね。 




clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。