「考えること」と「はき出すこと」

ハロウィンが終わったと思ったら

街ははクリスマス一色。


気が早いようにも思いますが、

もう年末なんですね。

受験生のみなさんにとっては

いよいよラストスパートの時期。


塾を運営する人間らしからぬ

アドバイスですが、

「必死になりすぎない」ことが大事です。


何かに取り憑かれたように、

業間も昼休みも返上で目を血走らせて

単語帳をめくる人をみかける時期ですが、

そんなものに惑わされてはいけません。


勉強も自転車の運転と同じで

「あそび」が大事です。


目力全開、

肩と拳に思いっきり力を入れて

運転することだけに集中していたら

どうなるでしょうか。


きっと目の前の空き缶さえ

避けれないのでは。

勉強も同じで、

パンパンの状態では頭は動きません。


頭の中を常に100%に、

詰め込めるだけ詰め込もうと

している人は、

いざ問題に直面した時に

力を発揮できないもんです。


いわゆる「マジメくん」が

受験で失敗する理由の大半は

これなんじゃないかと。


定期テストの結果もよし、

誰もが合格間違いなしだ、

と思っていた人が

第一志望不合格だった・・・。

よくある話です。


寝る間も惜しみ、

学校ではバカ話もせず

誰よりも努力している

マジメくんの頭はパンパン。


そんな状態で

ちょっと角度を変えた問題に

直面したときは悲惨なもんです。


頭のなかに「あそび」がないと

「考える」という行為はできません。


マジメくんのできることは

習ったことを「はき出す」ということだけ。

見たことがない問題に

何を当てはめていいかわからない、

と頭のなかが真っ白に。


たしかに得点ベースでは

「考えて」得点しても

「はきだして」得点しても変わりません。


しかし、ひとつひとつの問題に対し

どういう経路で得点できたものなのか?

ということをしっかり振り返ることで

詰め込みの負担は激減し

心の余裕が生まれます。


そして

心の余裕が生まれたことで、

問題に柔軟に対応できるようになるのです。

続きはまた。 


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。