闘争心

やりましたね、ラグビー!
強豪 南アフリカに歴史的勝利。


屈強な相手選手に阻まれながらも
1m,1mとジリジリと
ゴールラインに向かっていく様。


引き分けではなく
勝つことにこだわった判断。


ラスト10分、
そして残り時間が全くないなかで、
スポーツを見ていて
こんなに興奮したのは初めてです。
(再放送をやっていたので
3回もみてしまいました)



近年の受験では、
学校・塾の先生や大人たちが
スッとゴールラインを
手前に設定してくれます。


今の実力、
またはちょっと頑張れば
入れる学校をすすめてくれる。


「失敗させないために」
という優しさから
そうしているのはわかります。
(もっとも塾・学校の場合は
「合格率」の確保のためだったりもする)


しかし、それでは闘争心は育まれません。


大事なのは
「バカ言うな」と大人から罵られようが、
無視して自分でゴールラインを
設定すること。


壁にぶつかってなんだか全然前に
進まない時期もあります。
それでも歯を食いしばって、
一歩一歩進んでいく。


するといつの間にか
ゴールラインが目の前まできている。
そして最後は渾身の力で勝負をかける。


まさに先ほどの日本の試合です。
ゴールラインを設定したら
どんな壁に阻まれようと
突き進むしかないんですね。


以前ブログにも書きましたが、
「悔しい」と思わない人は伸びません。


最近は「サラッと」
何事もうまくできるのが
カッコいいとされるようですが、
だいたいそういう人は中途半端。


物事を極めるためには、
泥沼でもがき続ける根性が必要です。


大事なのは「闘争心」。


今の若い人に足りないのはこれです。
(小言のようですが)


ぜひ生徒の皆さんにも
今回の試合から
「闘争心」というものを
感じ取ってもらいたいですね。 


clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。