テスト対策 勉強時間の確保

中学生、高校生はまもなく定期テスト。

clue zemi内もちょっとだけ
緊張感が漂ってきたような、きてないような。

 

テスト対策講座も、
「しょうがねーな」
という感じの申込者が増えてきました 笑

 

一学期中間テストっていうのは、
生徒にとっても我々にとっても
なかなかの難関。

 

直前に中総体、
高総体を控えており、
clue zemiに到着する頃には
みなさんボロボロだったりします。

 

それでも、お互い
結果を出さなければ
ないわけですからね。
頑張らないと。

 

clue zemiにいれば、
賑やかなので目も
さえてくるかもしれませんが、
家だとどうしてもウトウト・・・。
もしくはテレビの前で放心状態になってたり。

 

これはね、
しょうがないことだと思うんですよ。
むしろ、そこから猛烈に
勉強できる人の方が不思議。

 

そんな中で、
結果を出すための方法を2つ提案します。

 

ひとつめ。
「21:00就寝、5:00起床」
(この時期だけ)どうでしょう。
朝2時間の勉強時間が確保できます。

 

世の中には「頑張り屋さん」
というのがいて、
眠い目をこすりながら
22時、23時までやっている人がいます。
勉強しながら寝てしまったり。

 

こういうのを
美談にする人が多いですが、
果たして結果はでてますか?
私から言わせると
(キツイ言い方ですが)、
「判断力がねーな」です。
眠い時に勉強しても、
ひとつも頭に入ってきません。
むしろ翌日疲れて悪循環に陥るだけ。

 

うすうす気づいてるはずなのに、
思い切ったことができない。
これが「頑張り屋さん」の正体です。

 

無駄な努力を褒めるのは、
少なくとも「受験」という
勝負においては間違い。

 

さっさと寝て、明日に期待しましょう。
頭がさえてるのって、
24時間のうち数時間しかありません。
それが、朝。
90分でも120分でもいいので、
さえている時に
バァーッと知識を吸収してください。
あとは部活するか寝るか。
極論を言えば、
それ以外は勉強しなくてもOKです。

 

もちろん、
そのぶん必死にやってください。
勉強は「長さ」じゃないんですよ。

 

腹をくくって勝負にでる。
そんな姿勢が勉強には必要です。
二つめは、また次回。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。