作文・小論文のコツー「ら抜き言葉」

「これでyoutubeがみれます。」


「あなたはパクチー食べれますか。」


「エレベーターでフロントまで降りれます」




お気づきいただけただろうか。
この3つの文章の間違いに。


これこそ、かの有名な

「ら抜き言葉」 ってやつです。



正解は 

「みられる 」

「食べられる」

「 降りられる」



細けぇこと言うなよ。
伝わればいいんだろ。
そう思っているあなた。



確かに、会話中に指摘する
なんて 野暮なことはいたしませんが、
小論文添削となると別。



添削者は 「ほれきた。イッヒッヒ」と、
ら抜き言葉を発見しては
ニヤニヤしながら
赤でバシッと減点するのです。
まさに格好の餌食。


というわけで、

これは早めに克服しましょう。


「ら抜き言葉」対策として、

有名な方法が一つあります。
命令形にして「ろ」で
終わるものに注意。



みる  → みろ
食べる  → 食べろ
降りる  → 降りろ
ね。 こういうワザを知っていると得です。

 

▼ おかげさまで大好評。
メールでできる!clue zemi永井の作文・小論文講座。
こちらもぜひご活用ください。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。