作文・小論文のコツー技術と倫理



2018.1.10 日経新聞より。

「殺人ロボうむな」

人工知能(AI)の研究が
進んでいます。
便利にはなるけれども、
使い方一つで不幸なことにもなる。
原子爆弾もそうだったように、
進化が進めば進むほど、
技術と倫理のせめぎ合いが
激しくなっていきます。

 

スカイプの共同創業者
タリンさんは、
「AIの負の側面を
全世界で共有すべき」と強調し、
テスラのイーロン・マスクさんなども、
AIによる軍拡に警鐘を鳴らしています。

 

私たちにとっては、
ワクワクするような技術である一方で、
技術開発の最前線にいる人たちが
ここまで強い懸念を持っているという現実。
「技術進化と人間」という話は
今後、入試小論文のテーマになりそうです。

 

実際いま、工業系の受験生に
「技術と倫理」というお題で
宿題を出しているところでした。

こういう問題に対し、
「答えってなんですか?」と
聞いてくる人がいますが、
答えなんてありません。
天才たちが議論しても、
まだまだ解決には至らない問題ですから。

 

答えのないものに対して、
どうアプローチするか。
答えを出すことではなく
「筋道をたてる」ことが
小論文の課題です。

採点者は
意見が正しいかどうかを
みているわけではありません。
説得力を持って
結論に至っているかがポイントです。

 

この問題の場合、
立場は大きく3つのパターンに別れます。

 

①技術開発のスピードを緩める。
今のままで十分。

②ルールを作り、
それを確認しながら技術開発をする。

③いい技術は認可に時間を取られず、
すぐ使えるようにする事が私たちにとって利益になる。

 

①は福島原発事故以降に
よく聞く話だし、
③は特効薬など
製薬についてよく主張されている。

自分の意見は一旦置いておいて、
これを全てのパターンで
文章を書いてみるのが
小論文の練習になります。
それぞれの立場になったつもりで。

 

余談ですが、こういう練習をすると、
相入れない発言をしてくる相手の
源泉を掴むことができるようになるので、
大人になってからも何かと便利です。

 

▼ おかげさまで大好評。
メールでできる!clue zemi永井の作文・小論文講座。
こちらもぜひご活用ください。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。