作文・小論文のコツーどう書くか。


小論文をどう書くか。


やり方はいろいろあると思いますが、
今回はワタシ流の書き方をご紹介します。


小論文では二項対立が

テーマになっていることが多い。


例として、

・子どもにスマホを持たせるか否か。
・米軍基地の存在の是非
など。



まず、こういう問題に対して
1番やっちゃいけないのが、
妙な正義感を振りかざすこと。



採点者に
「いい人間」だと思われるのが重要だ、
と勘違いしている人が多いのですが、
誰もそんなところはみていません。



小論文は
論理的な思考ができているかを
確かめるテストです。



極論を言うと、
「万引き」という行為を
「ヨシ」としてもいいのです。
しっかり理屈が通っていれば。
(ま、不可能に近いですが…)


義務教育における

「国語」の問題点は

道徳と論理を

ごっちゃにしていることだと思うのです。



道徳心を育むことに

口を挟むつもりはございませんが、
そういう視点の「国語」では
大学受験にはまーったく通用しません。


そこをしっかり分けて教えないから

「国語は水もの」とか、
「やってもよくわかんねー」
と言われるのです。


国語は数学と一緒。

1つ1つ論理をしっかり追っていけば、
確実に正答できるもの。


崇高な心を全く持たない私でも、

高得点がとれるのですから。
国語・小論文を
嫌いにならないでくださいね。

と、熱くなってきたのでクールダウン。
次回に続きます。

 

▼ おかげさまで大好評。
メールでできる!clue zemi永井の作文・小論文講座。
こちらもぜひご活用ください。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。