どうしたらいい現代文 続き

どんな文にも通用する方法はない。
と前回言い切りました。
んじゃ、どうすんのよ、と。
現代文講義は無意味ってこと?


いやいや。

そうではありません。
矛盾するようですが、
「どんな文でもつくりは一緒」なのです。


見た目は違えど、

文章のつくりは全部一緒。
原因があって結果がある。
それだけの話です。


ただ、その表現の方法は

文章一つ一つで異なるので、
何にでも使える
テクニック的なものはないのです。


解答方法について、

「こういう手順で!」みたいなのはない。
おそらくこれが、大学受験界で
絶対的な現代文の参考書が
未だに存在しない理由かと。


私が参考書を書くのであれば、

「なぜなのか、これはなんなのか」を
一つ一つ明らかにして読み進める。
しか言えません。


本文をじっくり読みましょう、と。

途中あいまいにしないで。

現代文が苦手な人は、
これをおろそかにしている。


「これは何を指しているか。

15文字で答えよ」
という問題を見た瞬間、本文に戻り、
「15文字、15文字。
ひーふーみー、ひーふーみー」
と血眼で探しはじめるのではアウト。


はっきり言って、

現代文における「問題」ってのは、
オマケのオマケ。

問題を見て、
「ああ、どうせあそこでしょ。
ひーふーみー…ほら15文字ぴったり」
というのが正しい現代文の解き方なのです。


「この問題難しいな…」と感じたとき、

原因は「問題」ではなく、
「問題文」の読み込み方にあるのですよ。



clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。


なかなか言葉では伝えきれないclue zemiの授業スタイル。

「clue zemiの授業はどんな雰囲気か」「いきなり入会するのに抵抗がある」 など不安や疑問をお持ちの方に実際の授業を無料体験いただけます。お気軽にお問合せください。