2022年の共通テスト解説(物理)

こんにちは。今回は大学入学共通テストの物理についてです。

2次試験ではがちゃがちゃ計算をやらされがちな物理ですが、共通テストでは概念の理解が重要になります。また、問題を見ている前提でこれを書いているので解いていない人は是非解いてみて下さい。 


今回問題を見た感想は「力学と電磁気がよくも悪くも目立ちすぎだ」という一言につきます。


大問4問中3.6問が実質力学と電磁気ですね。2次試験でもそれはない。



clue zemi講師 佐々木 

 仙台一高〜東北大学理学部 宮城生まれ宮城育ち。仙台一高の出身でクイズ研究部や壱高祭実行委員会などに属していた。現在は東北大学理学部物理系の2年生で勉強やクイズなどに打ち込んでいる。 数学物理など理系科目が好き。また自分の知らない場所に行くことが好き。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。