服装にも気をつけよう

10月は夏日があったりと、なかなか不安定な日が続きました。

11月になるとさすがに寒くなると思いますが、特に秋冬は服装に注意が必要です。学校やclue zemi、図書館などいろいろな場所で勉強をすると思いますが、暖房の効き具合は場所によって違いが大きいもの。


また、その日の体調や状況(遅刻しそうなので走った、とか)でも感じ方が違います。受験生においては基本の「き」とも言える話ですが、玉ねぎ型、つまり重ね着を徹底しましょう。


寒さ、暑さを感じると集中力は一気に落ちます。一枚脱ぐ、着るという微調整が試験本番だけではなく、日々の勉強の成果に関わります。


近年は真冬に「半袖の上にダウンジャケット」という人を見かけますが、それはダメです。

clue zemi 代表 永井 雄太郎

1980年生まれの松坂世代。
仙台一高〜早稲田大学政治経済学部。
リアル「偏差値30からの大学受験」の経験をもとに、幼児から最難関大・医学部受験まで対応の塾「clue zemi (教室・online)」を設立。並行して勉強と遊びの接点を表現するため飲食店『するめcafe』、首都圏トップランナーとのWwbコラムひらめきのタネ・2足のわらじーズ、仙台発フリーペーパー『余談Lab』の活動など。企画立案やアドバイザーなど、企業とのコラボレーションもしています。